学校の沿革

 

本校は、昭和19年4月1日に全日制の豊橋市立工業学校、定時制の豊橋市立第二工業学校として開校しました。昭和27年に県に移管され、全日制課程および定時制課程を置く現在の校名に変更されました。その後、幾度かの改編により現在の6学科構成となりました。

 

昭和19年:
豊橋市立工業学校として開校、電気科・電気通信科・機械科
昭和23年:
紡織科新設・定時制課程、機械科新設
昭和23年:
豊橋実業高等学校と改称
昭和24年:
豊橋市立工業高等学校と改称
昭和24年:
建築科新設
昭和26年:
定時制課程、電気科新設
昭和27年:
県立移管、元豊川市立工業高等学校は豊川分校となる
昭和31年:
豊川分校分離、豊川工業高等学校が独立する
昭和35年:
土木科新設
昭和46年:
紡織科を繊維工学科と改称
昭和60年:
電子工学科新設
平成14年:
電子機械科新設、繊維工学科廃科

・現在の設置学科

 

(機械系)  機械科 80名、電子機械科 40名
(電気系)  電気科 40名、電子工学科 40名
(建設系)  建築科 40名、土木科 40名