校長挨拶

「社会で通用する人を育てる」
「地域社会に必要とされる学校であること」

 本校は昭和19年に開校し、創立75年を超える伝統ある工業高校です。卒業生は2万2千人を超え、地元はもとより国内外で広く活躍しています。本校は工業に関する専門的な教育を通して、社会人として立派に活躍できる技術者や技能者を育成する学校であります。それぞれの専門的知識・技術・技能について学ぶことは勿論のことですが、知・徳・体のバランスのとれた人間形成を図り、時代の進展に即応できる創造力・実践力に富む技術・技能者の育成を目指しています。
 本校の卒業生が地域産業を支え発展させ、地域社会で必要とされる学校であることが本校の使命であると考えています。

<中学生の皆さんへ>
 本校定時制課程は、昼間は企業等で働きながら夜間に工業(機械科)の勉強をする学校です。
施設設備は全日制課程と共用しています。修学年数は4年ですが、高等学校卒業程度認定試験や通信制課程との併修により、3年間で卒業できる制度もあり、毎年数名の生徒が3年間で卒業しています。
 本校教職員一同は、生徒一人ひとりの「夢と希望」の実現のために、全力をあげて生徒をサポートいたします。
 元気で意欲的な中学生の入学をお待ちしています。

                 愛知県立豊橋工業高等学校長  加 藤  一 史

学校概要    


ページのトップへ戻る