学校感染症による出席停止について

「学校感染症」とは、学校保健安全法に定められた「学校において予防すべき感染症」のことです。 学校感染症にかかっている、またかかっている疑いがある場合には、学校での流行を防ぐために 医師及び学校医の意見により学校長が「出席停止の指示をすること」となっております。
・学校感染症と出席停止期間

<手続きの方法>
①医療機関で「学校において予防すべき感染症」に罹患したと診断された場合は、保護者から直ちにその旨を学校へご連絡ください。
②定められた期間は自宅で療養し、医師の許可が出てから登校してください。
③ご家庭で「出席停止報告書(様式1)」を記入していただき、医療機関を受診した証明を添付し保健室へ提出してください。
※証明は受診した日付の確認ができるもの(処方箋等のコピー)を添付してください。
「出席停止報告書(様式1)」は保健室にあります。また、下記よりダウンロードできますので印刷してご利用ください。
・出席停止報告書(様式1)


<新型コロナウイルスの感染拡大防止及び出席停止の措置について>
①発熱等のかぜ症状がある場合は欠席してください。
②感染が判明した、濃厚接触者として特定された場合は、学校へ連絡してください。
③ご家庭で「出席停止報告書(新型コロナ)」を記入していただき保健室へ提出してください。
※詳細について「出席停止報告書(新型コロナ)」に記載されていますのでご確認ください。
・出席停止報告書(新型コロナ) 新型コロナ


<新型コロナワクチンの接種に伴う生徒の出席停止措置について>
新型コロナワクチンの接種を行うために学校を欠席、遅刻、早退する場合 には、「出席停止」となります。また、接種後に生じた副反応のために学校を欠席、遅刻、 早退する場合についても同様です。
・出席停止報告書(新型コロナワクチン接種) 新型コロナ